トップページ > 記事閲覧
法要せず粗品を送る
日時: 2011/05/07 21:58
名前: 文姫   <f.masaki@oregano.ocn.ne.jp>

実父の13回忌の法要についてお尋ねします。高齢の実母の意向で家族のみで行うのですが、終了後主な親戚に粗品を送りたいようです。その際、同封の文章に例えば「ご笑納くださいませ....」等の一言をいれるべきでしょうか。又、封筒の表書きは「御挨拶」になるのでしょうか。解答をお願いいたします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 法要せず粗品を送る ( No.1 )
日時: 2011/05/08 09:41
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.//do-oh.com/kouekisya/

ご質問ありがとうございます。
まず最初に、「ご笑納くださいませ」は、言葉のごとく慶事で使用しますので、不慶事では避けたほうがよろしいかと思います。
次に封筒の上書きは、一般的に、書かれていますように、「御挨拶」もしくは、何も明記しないことが多いようです。ちなみに、お品の熨斗の表書きは、
十三回忌法要 ○○家
志      ○○家
祖供養    ○○家とされることが多いでしょう。

ここに、礼状の例文を記します。
謹啓
小満の頃、ご尊家ご一同様には益々ご清祥のことと拝察申し上げます。
先般(続柄)(俗名)十三回忌法要を近親者にて執り行わせていただきました 生前中はご厚志を賜り心から厚く御礼申し上ます
お蔭様をもちまして十三回忌法要を無事相済ますことができました これも偏に皆様のお陰と感謝する次第でございます つきましては供養のお印までに粗品ではございますがご受納下さいますようお願い申し上げます 私共に対し今後とも尚一層のご高配ご指導を賜ります様心からお願い申し上げまして略儀ながら書中を以ってお礼のご挨拶と致します。                                             敬具
 平成○○年○月
                                      喪主○○
以上のように十三回忌法要の報告、皆様への感謝の言葉となるかと思います。
以上ご質問の答えとさせていただきます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存