トップページ > 記事閲覧
葬祭ディレクター
日時: 2012/08/30 22:01
名前:

HPの中でいい葬儀社の選び方で「厚生労働省認定技能審査試験に合格した。葬祭ディレクターがいる。」とありましたが、居ないとだめなんですか?
私も葬儀を行いましたがその葬儀社には葬祭ディレクターは居ませんでしたが、家族の満足いく葬儀をしていただきました。いると言っても絶対いいと言うことはないと思います。現実、葬祭ディレクターがいると謳っていても高額な葬儀代を請求をしてくる葬儀社もいますよね。
メンテ

Page: 1 |

Re: 葬祭ディレクター ( No.1 )
日時: 2012/08/31 10:56
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。
現在、日本全国では葬儀社が、約5000社あると言われております。
人口8万9千人の岩見沢市でも、19社の葬儀社があります。その中で葬祭ディレクターの資格者を有する会社は2社だけです。

葬祭ディレクター資格を全てとは言いませんが、厚生労働省認定葬祭ディレクター技能審査とは、毎年高い水準で、学科、実技、接遇などの試験を実施しております。合格率も低く、日々しっかりと葬祭業に従事し、勉強されている方でなければ受かりません。そのような意味で判断基準の一つとして頂きたいのです。

ホームページでお書きしたように、
@ 家族のいうことに熱心に耳を傾け理解しようとしているか。
A 家族の身になって考えてくれるか。
B 提供するサービスや商品についてわかりやすく説明しているか。
C 葬儀について、ビジネスとしてだけではなく、きちんとした使命感をもっているか。
D 料金についての説明が丁寧でわかりやすいか。
E 厚生労働省認定葬祭ディレクター技能審査試験に合格した葬祭ディレクターがいるか。
F 依頼した条件での見積書を作ってくれて、その持ち帰りを許しているか。
G 「葬祭サービスガイドライン 遵守事業者」であるか。
 お葬式の「良い・悪い」の評価は、料金の安さだけではありません。提供されるサービスの質の高さも併せて評価したいものです。
以上の8つの要件を判断の材料とされることが望ましいと思うのです。

ただ一番大切なことは、万一のことがあってからあわてるのではなく、事前に、ご自身で確かめ葬儀社を選定されておかれることが必要です。
皆様のニーズも千差万別だと思います。ご自身のニーズにあった葬儀社を選ぶことが必要ではないでしょうか?
以上ご質問の答えとさせていただきます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ
Re: 葬祭ディレクター ( No.2 )
日時: 2012/08/31 20:05
名前: 匿名

ご返答ありがとうございました。
葬祭ディレクター資格が全てでは無いという事でしたら納得いたしました。
日本全国に葬儀社が、約5000社もあるのですね。他社との差別化を図る為という感じですね。
参考にさせていただきます。
メンテ
Re: 葬祭ディレクター ( No.3 )
日時: 2012/08/31 20:27
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

お役に立てて光栄です。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存