トップページ > 記事閲覧
100カ日と お墓の開眼・納骨
日時: 2013/03/24 22:54
名前: 長男の嫁

迷っています。
今年1月に義父が亡くなり、49日法要は済ませたのですが、あわてて依頼したお墓が3月末に出来上がり、4月上旬の良き日に開眼・納骨を家族のみで行おうと ご住職に連絡したところ、その日は都合が悪いので 故人の100ヶ日にみなさんに集まってもらってされたらどうですか?と言われました。
ここらの地域では100ヶ日法要は ほとんど行われておらず、100ヶ日の日に行うとしても開眼と納骨だけをお願いしたいのですが 失礼でしょうか?
また 親戚に連絡して来ていただいた場合、その後の食事は必ず必要ですか? 省略する場合は どのような文面の案内状を送ればよろしいでしょうか? また来ていただいた方へのお土産は どのような物がいいでしょうか?
何かと物入りで できるだけ簡素にしたいのですが 嫁の立場では強く主張できず、また義母は お金も口も一切出さないと決めているようで、喪主の主人もあいまいではっきりしません。悩める嫁に アドバイスよろしくお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 100カ日と お墓の開眼・納骨 ( No.1 )
日時: 2013/03/25 10:27
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>

ご質問ありがとうございます。
難しいですね。
確かにお寺様の言われるとおり、百ヶ日とは故人様が新仏となって(忌明け後)初めての法要です。卒哭忌(そっこくき)ともいい、(「卒」は卒業、「哭」は声をあげて泣きさけぶ、つまり「悲しんで泣くのを卒業する」という意味を持ちます。)大切なご法要です。本来は四十九日に多くの皆様に集まってもらってご納骨することが常とされておりますが、様々な事由で日程を変更することは多いです。その際に節目である、法要の日であったり、祥月命日であったりとすることが多いようです。
もう一度お寺様と日程のことや家族のみで行いたい旨をお伝えいただき相談されることが望ましいと思います。本来は四十九日と同じくらいの規模で法要を行うべきところですが、最近では家族のみで行うことも多くなっています。

次に、仮にご親戚の皆様に集まっていただく場合には、お食事は必要ですかということですが、私見としてはご親戚の皆様にわざわざご足労頂くのですからその労をねぎらい皆様で会食すべきだと思います。また、お食事が大切というより、皆様に正式に御礼する「場」としての会食の席が必要だと思うのです。その際に、引物(お土産)も用意すべきですし、お品につきましては、様々な考え方がありますが食品であったり消耗品であったり金額も内容も千差万別です。出来ることなら、故人様の好きだったもの、もしくは、故人様の人柄を思い描けるようなお品をご用意されることが望ましいと思います。

最後になりますが、仮にご家族だけで、開眼法要並びに納骨式をされたとしまして、その後にはご親戚の皆様にお礼状を出されるべきだと思います。
一例を記します。

前略
ご尊家ご一同様には益々ご清祥のことと拝察申し上げます。
夫 ○○○○の死去の際には御鄭重なる御弔問を賜り、かつまた心温まるご弔意の言葉をかけて頂きまして心より御礼申し上げます。また、ご供花、お供物を賜りましたこと深く感謝申し上げます。
まだまだ悲しみはぬぐい切れませんが、今は夫の分までもがんばって生きていこうと思っております。また、念願でありました墓石を建立し開眼法要、ご納骨を甚だ勝手で失礼とは存じましたが、近親者だけで執り行わせて頂きました。今まで皆様から寄せられました御交誼に対し心から深く感謝申し上げます。お近くにお寄りの際にはお参り頂ければ幸いでございます。本来であれば早々拝眉の上御礼申し上げるのが本意でございますが略儀ながら書中を以って御礼のご挨拶とさせていただきます。                                                                                                      早々
 平成○○年○○月
                                                           喪主 ○○○○
以上のように、ご葬儀の際の御礼の言葉。家族だけで法要をした報告。改めての感謝の言葉になるかと思います。
どちらにしても、旦那様、お寺様としっかりと相談されることが望ましいと思います。
以上ご質問の答えとさせていただきます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ
Re: 100カ日と お墓の開眼・納骨 ( No.2 )
日時: 2013/03/25 23:37
名前: 長男の嫁

早々の お返事ありがとうございました。

まだ 百ヶ日法要をどうするか決めかねておりますが、納骨の時に連絡頂戴ね と言ってくださっている親戚もありますので 納骨後の会食は簡単にでも行う方向で考えてみます。
メンテ
Re: 100カ日と お墓の開眼・納骨 ( No.3 )
日時: 2013/03/28 16:58
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

お役に立てて光栄です。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存