トップページ > 記事閲覧
案内状の書き方(神式、初盆・一年祭同時に行う場合)
日時: 2014/04/07 10:48
名前: 田中 

昨年7/8に祖母が亡くなりました。
今年7/14に祖母の一年祭・初盆・念仏を行う予定です。
一般的に神式は初盆はしないと聞いていましたので1年祭りのみの予定でしたが住んでいる土地の地域性で神式でも初盆を行うそうなので神主さんの都合もあり今回すべて一緒に済ませることとなりました。
がしかし、1年祭りと初盆を同じ日に執り行うにあたりハガキの案内状は何と書いたらよいのか分からず色々検索しているうちにここへたどり着きました。

祖母が亡くなってから初めての事ばかりで分からないことばかりです。
教えていただけると助かります。
メンテ

Page: 1 |

Re: 案内状の書き方 ( No.1 )
日時: 2014/04/07 10:51
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。

新盆と一年祭の案内状ですね。

先ず最初に、新盆は神道では「新御霊祭(あらみたままつり)」と言います。
「お盆」という言葉は、仏教の行事として定着されていますが、これは仏教が日本に伝わる前から日本で行われていた「祖先崇拝」の行事に、「盂蘭盆会」といった仏教の行事が重なり、その「盆」という言葉をとり「お盆」として習慣化していったと言われています。
ですから、神式であっても、通常通り、お盆、お正月は祭壇のお飾りをします。

ここに一例を記します。
例えば、

謹啓
芒種(6月初旬の季語)のころ、ご尊家ご一同様には益々ご清祥のことと拝察申し上げます。
○○帰幽の際には御会葬ご参列を賜り、また、玉串料、ご供花、お供物等を賜りまして誠にありがとうございました。
早いもので、この度(続柄)(俗名)(刀自・大刀自)の一年祭及びに初盆を迎えることとなりました。左記の日時にて一年祭及びに初盆を執り行いたいと存じます。時節柄ご多用中のところ誠に恐縮には存じますが、ご会葬を賜りたくお願い申し上げます。
 平成○年○月○日                                                                                                                                                                  敬具
                                                                            喪主または施主名                   
                   記
 日 時  ○月○日(曜日)○時
 場 所  一年祭及びに初盆の場所
       住所
       電話番号
          
 尚 一年祭及びに初盆終了後(会食の場所)にて会食の席を設けておりますのでご臨席を賜りますようお願い申し上げます
        会食場所
        会食場所住所電話番号
以上のように、縦書きで封書で出される方が多いようです。会食の出欠をとられる場合には、返信葉書に、出欠とご芳名(人数)ご住所をご記入してもらうようにして、宛先も書かれていたほうがよろしいかと思います。但し、会食につきましては、あくまでも皆様の任意と考えられてよろしいでしょう。
また、祭主様へのお礼は、二枚ご用意されるとよろしいかと思います。
以上ご質問の答えとさせていただきます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ
Re: 案内状の書き方(神式、初盆・一年祭同時に行う場合) ( No.2 )
日時: 2014/04/07 21:53
名前: 田中 

ありがとうございました!
参考にハガキを作成していと思います。

そちらに催事をお願いするわけでもないのに親切に教えていただけるなんて・・・ありがたいです。
感謝致します
メンテ
Re: 案内状の書き方(神式、初盆・一年祭同時に行う場合) ( No.3 )
日時: 2014/04/08 08:04
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

お役に立てて光栄です。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存