トップページ > 記事閲覧
一周忌法要の招待の範囲
日時: 2015/04/29 19:43
名前: だのん

お世話になります。
近々母の一周忌法要を執り行うのですが、親戚のどの間柄まで招待するか悩んでおります。母の兄弟等近親者は確定なのですが問題は従姉弟です。
遠方在住で祖母の葬儀以来会うのも10年ぶりという間柄で深い付き合いはありませんが、従姉弟(達)は幼少の頃、母に大変可愛がられておりましたので私よりも母に深い思い入れがあるといった具合です。
やはり招待状を送らないと失礼にあたりますでしょうか。(従姉弟達は愛知県在住です)

もし送った方が良いのであれば意思確認の為往復はがきを差し出そうと思うのですが良い文章が思いつきません。結びを「御臨席賜りたく・・・」という出席前提では無く、別の表現で何か妙案ございますでしょうか。(宜しければ御臨席くださいというのもおかしい気も致します)
宜しくお願い致します。
メンテ

Page: 1 |

Re: 一周忌法要の招待の範囲 ( No.1 )
日時: 2015/04/30 09:15
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。
文章を見る限りでは、ご葬儀には、お声掛けしなかったのか、ご会葬いただけなかったのかわかりませんが、
お越しにはなっていないのですね。
基本的に、49日法要、1周忌法要は、ご葬儀に参列した方が対象となります。

仮に家族葬でご葬儀をされた場合でも、理由はともあれご親戚の方であれば、なぜ声をかけて頂けなかったのかと疑問に思う方がいらしゃると思います。
もし、どうしても参列願いたいと思うのであれば、事前にお電話などで近況報告をし、案内状を出していいかどうかお伺いを立てるのもいいかもしれません。
いきなり案内状が届くのも失礼かと存じます。

その後、お参りされたいとの希望があれば、通常の案内状をお送りしてよろしいかと思います。
意を汲み取ることが出来ないかもしれませんが、ご質問の答えとさせていただきます。
ご質問ありがとうございました。

メンテ
Re: 一周忌法要の招待の範囲 ( No.2 )
日時: 2015/05/03 11:42
名前: だのん

早々に回答頂いたのに御返事遅れて申し訳ありません。従姉弟は葬儀又は四十九日のいずれかに参列頂いております。
アドバイス通り案内を送ることにします。ありがとうございました。
メンテ
Re: 一周忌法要の招待の範囲 ( No.3 )
日時: 2015/05/03 13:48
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

お役にたてて光栄です。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存