トップページ > 記事閲覧
忌明けのお礼、お返し
日時: 2016/02/19 14:48
名前: 匿名

四十九日後の香典返しを別途差し上げる方は、どのくらいの範囲で考えるとよいのでしょうか。

多めの香典を頂いた方には香典返しを送らなくてはと思っていますが、
北海道在住で、これまでは会葬御礼を香典返しのように認識していましたので
1万円位の香典でしたら忌明けのお返しをやりとりした経験がありません。
不躾ながらどのようなケースが多いのかお尋ねしたいです。

あと、忌明けの礼状(挨拶状)はお返しを差し上げない会葬者皆様にもお出しするのでしょうか。
よろしくご教示ください。


メンテ

Page: 1 |

Re: 忌明けのお礼、お返し ( No.1 )
日時: 2016/02/19 15:08
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。
北海道では、本来当日のお返しのみで済まされている方(忌明け後は何もしない)が7割以上です。残りの3割の中で、忌明け後に礼状のみ渡される方が、若干おります。
さらにお返しを考えておられる方は、通常は半返しと言いまして、ご香典の半分ぐらいの品を渡されるんですが、最近では、本州の方でも、1/3返しになってきている所もあるそうです。

現在、社葬・団体葬は別にして、個人葬であればそこまで厳密にされている方も少ないと思います。お礼状も本来であれば、供花・供物・弔電を頂いた方にもすべてお渡ししなければいけないのですが、
最近ですと、会葬者のみ、親戚のみと個々で線引きされているようです。

但し、ご親戚や、お取引の関係で、本州の方がお参りに来られた場合には、礼状・お返しは必要になるかと思います。
以上ご質問の答えとさせていただきます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存