トップページ > 記事閲覧
報告のはがきについて(四十九日・納骨式(合葬墓)
日時: 2017/11/03 14:43
名前: わだ

四十九日の日にお寺で四十九日法要と納骨(境内にある合葬墓)を家族と地域が近い親戚と行います。来れなかった方、遠方の親戚に終わったあとに報告のハガキを出したいのですが、どのような文面が良いのでしょうか?その際に1周忌はまた近くなったらご案内する旨も必要ですか?また来ていただいた方にも報告のハガキは送るものですか?宜しくお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 報告のはがきについて(四十九日・納骨式(合葬墓) ( No.1 )
日時: 2017/11/03 15:31
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。

例えば、

謹啓
季語の頃 ご尊家御一同には益々ご清祥のことと拝察申し上げます
故○○の葬儀に際しましては ご多用中にもかかわらず ご会葬ご参列賜り 且つまた過分なるご香料 ご供花 お供物など賜りまして 誠に有りがたく厚く御礼申し上げます 
さてこの度 〇月〇日に家族並びに近隣のご親戚の皆様と七七日法要を相営ませていただきました また その後合葬墓へとご納骨もさせて頂きましたことをここにご報告申し上げます 
本来であれば 皆様もお招きしてご納骨をさせていただきたかったのですが 何分遠方ですしご迷惑をおかけすると思い この様な形をとらせていただきましたこと 深くお詫び申し上げます
一周忌のご法要には 皆様にもお越しいただき 故人生前中の思い出のお話など聞かせていただければ幸いに存じます 
甚だ勝手で失礼とは存じますが 今後とも皆様のご健勝をご祈念し 七七日法要並びに ご納骨のご報告とさせていただきます 
                                                                                    敬具
 平成〇年〇月
                                                                               喪主 〇〇〇〇
以上の様に、ご葬儀の際のお礼、七七日、納骨の報告、一周忌の案内、皆様へのねぎらいの言葉になるかと思います。
以上ご質問の答えとさせていただきます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存