トップページ > 記事閲覧
後からの「お斎(食事)のご案内」を出す時
日時: 2018/07/08 00:01
名前: アズマ

いつもお世話になっております。

早々ですが、

母の初盆に際し、法要のご案内を親族宛に出して出欠席の返信が届きだしています。

実は、当初「お斎(食事)」の予定をしてなかったのでお手紙にもそのご案内を記載しておりませんでした。

返信が届き、思っていたよりも皆様がいらしてくださることと僧侶もお時間があると言ってくださるので「お斎(食事)」をご用意しようかと思っています。

そこで、
先に出席のお返事をいただいた親戚に、また改めてご案内を送らなくてはと思っているのですが、どんな文面が良いのかと思案しております。

○法要の時間が正午から

○お斎(食事)の会場はその法要を行う同じ建物、またご参列いただける親戚も四十九日法要にも参列していただいて場所も状況もおわかりの方達。

○お斎(食事)は法要の後になるため、昼食程度の物を予定している。

○一度ご案内を書面にてお送りしているので、はがきでのご案内を考えています。


以上のような内容で考えております。
ご教授いただけますよう、どうぞよろしくお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 後からの「お斎(食事)のご案内」を出す時 ( No.1 )
日時: 2018/07/08 10:16
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。

例えば、
拝啓
(季語)の頃 ご尊家ご一同には益々ご清祥のことと拝察申し上げます
またこの度は 母〇〇の初盆供養に際しご会葬ご参列賜りますことを心より御礼申し上げます
さて 初盆供養の時に家族で相談した結果 その後些少ではございますが皆様とお食事を共にさせて頂きたく
再度ご案内させていただいた次第でございます
お越しいただく皆様と会食し改めて母の思い出のお話など聞かせていただければと思っております
左記の内容で執り行いますので 甚だ勝手で恐縮ですが 法要後の会食まで同席頂ければ幸いです
最後になりますが皆様の益々のご健勝をご祈念してご案内とさせて頂きます
                                             敬具
 平成〇年〇月
                                         〇 〇 〇 〇
                 記
 法要の日時
    住所・電話
 会食の日時
    住所・電話

 追伸 会食に参加できない方は〇月〇日(〇)までご連絡いただければ幸いです

以上のように、会葬御礼・会食の再案内・皆様へのねぎらいの言葉になるかと思います。
以上ご質問の答えとさせて頂きます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ
Re: 後からの「お斎(食事)のご案内」を出す時 ( No.2 )
日時: 2018/07/16 14:45
名前: アズマ

いつも、
状況を考慮した例文を提示していただき
本当にありがとうございます。

早々に、案内を送ろうと思います。
ありがとうございました。
メンテ
Re: 後からの「お斎(食事)のご案内」を出す時 ( No.3 )
日時: 2018/07/16 17:56
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

お役に立てて光栄です。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存