トップページ > 記事閲覧
真言宗の戒名の頂いた時のお礼の包み方と表書き
日時: 2006/09/08 17:13
名前: 福本幸子

真言宗の戒名の頂いた時のお礼の包み方と表書き
メンテ

Page: 1 |

Re: 真言宗の戒名の頂いた時のお礼の包み方と表書き ( No.1 )
日時: 2006/09/08 17:15
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.do-oh.com/kouekisya/

ご質問ありがとうございます。
ご戒名を頂いたときの表書きですね。
真言宗ですとご戒名は、大きく分けて3通りございます。
○○院△△■■居士(大姉)の場合には、院という文字が入りますと院号料となります。
△△■■居士(大姉)の場合には、居士料、もしくは大姉料となります。
△△■■信士(信女)の場合には、単に戒名料と表書きすればよろしいかと思います。
また、袋は、できる事であれば、黄白の水引のついた袋を用意されるとよろしいでしょう。
このご戒名は、生前戒名でしょうか?生前戒名の場合には、ご戒名を授かったときにお渡しすればよろしいかと思います。没後であれば、地域によっても異なりますが、私どもの地域では、葬儀終了後、お布施と一緒にお渡しされるのが常とされています。
以上、ご質問の答えとさせていただきます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ
Re: 真言宗の戒名の頂いた時のお礼の包み方と表書き ( No.14 )
日時: 2013/06/02 10:06
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

閲覧が1000名超えました。
ありがとうございます。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存