トップページ > 記事閲覧
法要の開始の挨拶について
日時: 2019/10/20 15:41
名前: とも   <yukar645-9@docomo.ne.jp>

母が山へ出かけて遭難し、体はもちろん、持ち物や衣類など何の手がかりもないまま4ヶ月が過ぎました。残念ではありますが、生存は絶望的だと覚悟を決めました。そこで、来月、父の命日(12回忌)に母も一緒にお経をあげてもらおうと思うのですが、開始の挨拶の言葉として 母の場合はどのように言えばいいでしょうか?供養というのはおかしいですし…
メンテ

Page: 1 |

Re: 法要の開始の挨拶について ( No.1 )
日時: 2019/10/20 17:52
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。

例えば、
本日は、父〇〇の12回忌法要にご会葬賜り誠にありがとうございます。
併せて、本日は皆様、ご承知の通り母が遭難してから5ヶ月の歳月が流れております。
生存しているかどうかはわかりませんが、
御霊(みたま)の安らかならんことを願い皆様とお経をあげさせて頂きたく存じます。
どうぞよろしくお願いいたします。

以上の様に、正直に事情を説明し、魂を不安がらせないよう落ち着かせるためのお参りであることを
お伝えできればと思います。

以上ご質問の答えとさせて頂きます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存