トップページ > 記事閲覧
忌明けの年賀状について
日時: 2019/12/10 10:50
名前: みさ

昨年主人を亡くしました。
今年は忌明けなので、年賀状を出す予定なのですが、
主人の母が、「まだ、明けましておめでとう、なんて言えない」と言いました。
でも、挨拶のはがきは出したいとも。

なので寒中見舞いとして出そうと思うのですが、
例えば、「息子を亡くし、まだ悲しみに包まれております。本来は新年のご挨拶をするところですが、何卒お察しください。皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りしております。」などという内容は失礼でしょうか。
どのような形で、出したらいいのかがわかりません。
失礼のない文章を教えていただけると助かります。
お忙しいところ大変恐縮ですが、ご回答お願い致します。
メンテ

Page: 1 |

Re: 忌明けの年賀状について ( No.1 )
日時: 2019/12/11 10:33
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。
寒中見舞いは、1月松の明けとなる1月16日から2月4日ぐらいまでの間にお出しされるものです。
その時期であれば、標記の文章でもかまいませんが、年内にお出しされるのでしたらお手紙という形で
お出しされるとよろしいかと思います。

例えば、
拝啓
寒さ厳しい折皆 様におかれましては益々ご清祥のことと拝察申し上げます
さて 昨年〇月〇日に肩書〇〇が逝去いたしました
私たち家族はまだ悲しみに包まれております
年末年始のご挨拶は御遠慮申し上げたいと願っております
もう少しだけ亡き〇〇のことを思い過ごしたいと考えております
甚だ勝手で失礼かとは存じますが私たちの意を汲んでいただければと思います
皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げまして現状のご報告とさせて頂きます
                                    敬具 
 令和〇年〇月
                                  〇〇〇〇

以上の様に、現状報告として、年末年始の挨拶は控えさせて頂く旨を書かれるとよろしいでしょう。
また出来ることであれば、お手紙を出して来年寒中見舞いを出されると
より丁寧になります。
以上ご質問の答えとさせて頂きます。
ご質問ありがとうございました。
                             
メンテ
Re: 忌明けの年賀状について ( No.2 )
日時: 2019/12/11 21:18
名前: みさ

お忙しい中お返事いただきましてありがとうございます。

教えていただいて助かりました。
母も納得してくれると思います。
現状報告のお手紙と来年寒中見舞いを出したいとお思います。
ありがとうございまいした。
メンテ
Re: 忌明けの年賀状について ( No.3 )
日時: 2019/12/12 09:07
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

お役に立てて光栄です。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存