トップページ > 記事閲覧
菩提寺のご住職が亡くなられたが、納骨の相談をしたい
日時: 2021/06/08 12:59
名前: 匿名

母が亡くなり、葬儀をお願いしようと菩提寺であるお寺に電話したところ、御住職が数日前に急死され、他に人もおらず葬儀に行けないので、他に頼んで欲しいと言われ、葬儀後、お悔やみにお寺に伺うと、お墓はこのままでも良いが、今後の法要はほかで頼んで欲しいと言われ、「四十九日までに戒名を彫っていただく手配はしておくし、墓の開閉が難しいのだで、開閉は石材店へ頼むので納骨の日程が決まったら連絡下さい」と言われました。今回、納骨について手紙を書こうと思いましたが、相手のお寺も喪中(?)なので、どのように書き始めたら良いでしょうか?

書きたい内容は
・四十九日を含めた今後の法要は他のお寺でお願いすることが出来た。
・本来四十九日の法要後にする納骨は、お墓(お寺)が遠いので秋お彼岸頃にしたいと考えているので、石材店にもその時にまたお墓の開閉の依頼をして欲しい。
・今後の連絡先を伝えて無かったので、自分の連絡先の記載。

とうぞ宜しくお願いします。
メンテ

Page: 1 |

Re: 菩提寺のご住職が亡くなられたが、納骨の相談をしたい ( No.1 )
日時: 2021/06/11 09:01
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

ご質問ありがとうございます。
例えば、
拝啓
季語の頃 ご住職のご逝去に際しましては心よりお悔やみ申し上げます
生前中は先祖をお守り下さり心より御礼申し上げます
さて 先般お伺いした際にご依頼のありましたお寺様については〇〇寺様が引き受けて頂けることとなりました
四十九日の法要につきましては近親者のみで執り行う予定です またご納骨につきましてはまだ悲しみも拭いきれず
しばらく自宅にて御遺骨を安置してお彼岸頃に納骨したいと考えております
つきましてはご納骨の日程と戒名のご連絡をを改めていたしますので石材店の方へのご連絡もしばらくお待ちいただきたく存じます
甚だ勝手で失礼かとは存じますが私どもの意を汲んで頂ければ幸いに存じます
私どもの連絡先を記載致しますので何かございましたらご連絡いただければと思います
末筆になりますが皆様のご健勝を祈念致しましてご連絡とさせて頂きます
                                                         敬具
 令和〇年〇月
                                                住所
                                                名前
                                                電話番号
以上の様に、お悔やみの言葉、お寺様が見つかたこと、納骨を甥がんにすること、皆様へのねぎらいの言葉となると思います。
封書で縦書きで出されるとよろしいでしょう。
以上ご質問の答えとさせて頂きます。
ご質問ありがとうございました。
メンテ
Re: 菩提寺のご住職が亡くなられたが、納骨の相談をしたい ( No.2 )
日時: 2021/06/10 21:31
名前: 匿名

ご回答頂きありがとうございました。
早速、参考にさせてただきます。とても丁寧な文章にしていただきありがとうございました。
分からないことばかりで、不安が多かったのですが、こちらのサイトを知りとても心強く思います。また相談させて下さい。
メンテ
Re: 菩提寺のご住職が亡くなられたが、納骨の相談をしたい ( No.3 )
日時: 2021/06/11 08:58
名前: 岩見沢公益社  <lifenet@galaxy.ocn.ne.jp>
参照: http://www.kouekisya.com

お役に立てて光栄です。
メンテ

Page: 1 |

題名 質問をトップへソート
お名前
E-Mail
URL
パスワード (書込みを修正する時に使用します)
コメント

   クッキー保存